外部サービス連携SERVICES COOPERATION

クラウドサイン #MAKEなら、kintoneから契約書を自動生成して電子契約がシームレスに実現可能に

kintone上の顧客情報や商品情報から簡単に契約書の作成ができ、クラウドサインでシームレスに送信・締結が可能です。
テンプレート作成は、雛形となる契約書ファイルをアップロードして、帳票に表示したいフィールドを指定していくだけです。kintoneにデータがあればコピー&ペーストで書類を作る必要がありません。
秘密保持契約書や業務委託契約書の簡単な作成はもちろん、請求書、発注書、見積書、納品書などの帳票作成にもご利用いただけます。

連携ソリューションで実現できること

  • kintoneの画面を数クリックするだけで、データベースの情報をもとに契約書、請求書、見積書などの帳票を作成
  • kintone上で指定したメールアドレス宛にクラウドサインでの送信まで完了
  • 締結された契約書のPDFファイルはkintone上に保管
  • 「締結済み」「先方確認中」「取消、または却下」というステータスを確認可能

こんな事にお困りの方におすすめです

  • kintoneとクラウドサイン、2つのサービスにログインして作業すると時間もかかりミスが発生する
  • kintone上に保管している顧客情報から書類を作成するのが人力であり効率が悪い
  • kintone上に書類を一元管理したいため手動でアップデートしているが、手間である

利用イメージ

  • 雛形となる書類を、kintone上でアップロード
  • ドラッグ&ドロップで出力したいフィールド位置、レコードを指定し、テンプレートを作成
  • kintone上で宛先に送信先メールアドレスを指定し、テンプレートを選び、クラウドサインで送信ボタンをクリック
  • 受信者はクラウドサインからメールで書類を受け取り、同意
  • 締結した書類はkintone上で保管/管理ができます

活用事例

利用イメージのより詳細な説明はこちら(実際の画面イメージ付きでご説明しています)
https://workers.soulware.jp/2020/10/28/makekintone/

ご利用にあたって

以下2つのご契約が必要です。

  • kintoneのご契約
  • クラウドサイン #MAKEのご契約

料金体系

クラウドサイン #MAKEの利用料金
初期費用30万円
月額50,000円
200円/通(税抜)

ご利用中のサポートに関するお問い合わせ

クラウドサインのチャットサポートまでお問い合わせくださいませ

本サービス連携について問い合わせる

電子契約の国内標準
クラウドサイン

日本の法律に特化した弁護士監修の電子契約サービスです。
さまざまな外部サービスと連携でき、取引先も使いやすく、多くの企業や自治体に活用されています。