クラウドサインAI利用規約

この追加利用規約(以下「クラウドサインAI利用規約」といいます。)は、弁護士ドットコム株式会社(以下「当社」といいます。)が提供する「クラウドサインAI」の利用に関する条件を、クラウドサインAIを利用する法人、団体、組合、または個人のお客さま(以下「お客さま」といいます。)と当社の間で定めるものです。
なお、お客さまは、クラウドサインAIを利用することにより、クラウドサイン 利用規約(https://www.cloudsign.jp/tos)及びクラウドサインAI利用規約を遵守することについて承諾し、同意したとみなされます。

第1条 個人情報保護

  1. お客さまは、クラウドサインAIにおいて、個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号。その後の改正を含みます。)、その他適用ある法令およびガイドラインに従い適法に取得した情報に限り当社に処理を委託するものとします。
  2. 当社は、お客様から取扱を委託された個人情報について、漏えい、滅失又は毀損の防止その他の個人情報の安全管理のため、個人情報管理責任者を定め、必要かつ適切な措置を講じます。
  3. 当社は、クラウドサインAIにおいてお客さまから取扱を委託された個人情報について、クラウドサインAIの提供以外の目的で、利用、加工、複写、複製を行わないものとします。
  4. 当社は、お客さまの個人情報について、漏えい、滅失又は毀損等の事故が発生した場合、その事実を速やかにお客さまに報告し、原因の調査を行い、事故の拡大防止に必要な措置を講ずるものとします。

第2条 委託期間

委託期間は、クラウドサインAIにかかる個別契約に定めるほか、クラウドサイン利用規約の規定に従います。

第3条 再委託

当社は、クラウドサインAIの提供に関して、全部又は一部の業務を、当社の責任において第三者に再委託できるものとします。

第4条 損害賠償

当社は、クラウドサインAIの提供に関して、クラウドサインAI利用規約または個別契約の定めに違反したことによってお客さまに損害を与えた場合、クラウドサイン利用規約に従って、通常かつ直接の範囲で当該損害を賠償するものとします。

第5条 契約終了時の義務

電子計算機を使用して作成する国税関係帳簿書類の保存方法等の特例に関する法律施行規則第8条第1項第2号に基づき、コンテンツの種類を問わず、お客さまが当サービス上にアップロードしたコンテンツに対し、正当な理由がなく訂正および削除をしません。

第6条 読替

AIオプションを利用するお客さまにおいては、クラウドサイン 利用規約で定める「当サービス」および「有料プラン」にクラウドサインAIを含むものとします。


附則

2020年8月18日 制定・施行

本規約は日本語を正文として書かれたものです。本規約の翻訳版と日本語版に相違がある場合は、日本語版が優先されるものとします。

ログアウトしてもよろしいですか?