お知らせNEWS

弁護士ドットコムとSBテクノロジーが「クラウドサインfor Microsoft Teams」を共同開発。4月より提供開始

 弁護士ドットコム株式会社(東京都港区、代表取締役社長:内田 陽介)とSBテクノロジー株式会社(東京都新宿区、代表取締役CEO:阿多 親市)は、日本マイクロソフト株式会社が提供するコラボレーションプラットフォーム「Microsoft Teams」とWeb完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」を連携する「クラウドサインfor Microsoft Teams」の共同開発を行い、4月26日より提供することをお知らせします。弁護士ドットコムとSBテクノロジーは、日本マイクロソフトとも連携しながら営業・マーケティング活動を共同で展開し、エンタープライズ企業を中心に一年で100社への導入を目指します。

image

◼︎「クラウドサイン for Microsoft Teams」概要

「クラウドサイン for Microsoft Teams」は、Microsoft Teams上で、クラウドサインによる契約締結から締結済みの契約書管理をシームレスに行うことができる連携アプリケーションです。

 Microsoft Teams上で契約内容の調整や確認をした後、クラウドサインによる契約書の送信ができます。契約締結完了・却下のステータスはMicrosoft Teamsチャットへ通知され、締結済の契約書はMicrosoft Teamsのドキュメント共有・管理ツール「Microsoft SharePoint」へ自動的に取り込まれます。これらのMicrosoft 365およびMicrosoft Teamsの各機能とクラウドサインのコラボレーションにより、契約情報の一元管理が可能になります。

 さらに、機密データの管理ソリューション「Microsoft 365 E5 Compliance」との組み合わせると、Microsoft SharePointに格納した契約締結済のファイルのダウンロードやUSBメモリによる持ち出し、印刷等を制御できたり、Microsoft Teams上での契約書ファイルのコピー&ペーストの制御ができ、高度なコンプライアンス管理を実現します。

 本アプリケーションは、マイクロソフト製品に関する連携ソリューションの豊富な開発実績をもつSBテクノロジーと弁護士ドットコムで共同開発を進めています。なお、本開発は、日本マイクロソフトによるアーキテクチャデザインとMicrosoft Teamsアプリの仕様に関する技術的な支援を受けています。販売は、SBテクノロジー株式会社及びクラウドサインのセールスパートナーを通じて拡販し、日本マイクロソフトと連携して、相互イベント登壇や共同の展示会出展をはじめとしたマーケティング活動を行ってまいります。

image

クラウドサインfor Microsoft Teams:契約締結画面

image
image

・価格(税別):月額1万円~(送信件数:年間1,200件未満の場合)
※価格は年間の契約書送信件数によって変動します。

・本サービスおよび導入に関するお問い合わせ
SBテクノロジー株式会社 お客様担当窓口:sbt-ipsol@tech.softbank.co.jp
https://www.softbanktech.co.jp/service/list/microsoft365/o365/cloudsign-for-teams

▼詳細はプレスリリースをご覧ください
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000134.000044347.html

電子契約の国内標準
クラウドサイン

日本の法律に特化した弁護士監修の電子契約サービスです。
さまざまな外部サービスと連携でき、取引先も使いやすく、多くの企業や自治体に活用されています。