お知らせNEWS

茨城県笠間市、電子契約の実証実験完了。Web完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」を導入

 弁護士ドットコム株式会社(東京都港区、代表取締役社長:内田 陽介、以下当社)は、茨城県笠間市における電子契約の実証実験を支援しております。この結果を踏まえて、笠間市では2021年7月を目処にWeb完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」の導入を順次予定しています。

image

 行政機関におけるDX推進の加速に伴い、当社のクラウドサイン事業本部では、2020年10月にデジタル・ガバメント支援室を設置し、行政機関と共にクラウドサインの運用について検討を重ねてまいりました。


 笠間市ではクラウドサインの利用にあたって実証実験を行い、契約業務の電子化、業務効率化の検証と、関係部署で電子契約に関する理解を深めてまいりました。


 そして、2021年7月を目処に、規則の改正や事業者説明を進め、クラウドサインでの電子契約を順次導入していく予定です。笠間市では「笠間市デジタルトランスフォーメーション計画」に、電子契約の導入・文書の電子化の推進・プリンターの廃止などを盛り込んでいます。当社では引き続き、笠間市におけるクラウドサインの運用を支援し、行政機関の広い導入にむけて、実証実験及び導入実績を拡充してまいります。


・茨城県笠間市
市役所所在地:茨城県笠間市中央三丁目2番1号
市長:山口 伸樹
URL:http://www.city.kasama.lg.jp/

電子契約の国内標準
クラウドサイン

日本の法律に特化した弁護士監修の電子契約サービスです。
さまざまな外部サービスと連携でき、取引先も使いやすく、多くの企業や自治体に活用されています。