お知らせNEWS

弁護士ドットコムと神奈川県が実証実験を開始。クラウドサインによる電子契約の業務プロセス運用と効率化を検証

 Web完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」を提供する弁護士ドットコム株式会社(東京都港区、代表取締役社長:内田 陽介)は、神奈川県(知事:黒岩 祐治)のDX推進に向けた取り組みの一環として、電子契約の業務プロセス運用と効率化を検証する実証実験を開始することをお知らせいたします。

 行政サービスを支える自治体では、業務効率化と職員の負担軽減、サービスを利用する住民の利便性向上の観点からもDX推進が喫緊の課題となっています。

 このような背景から、クラウドサインではこれまで、自治体における電子署名の取扱の明確化や、総合行政ネットワークLGWAN-ASPへの対応など、自治体の皆様が安心してお使いいただけるシステム環境を構築してまいりました。現在では、多数の自治体でクラウドサインの導入や検討、実証実験が行われています。

 このたび実証実験を開始する神奈川県では、昨年度よりデジタル戦略推進本部室を設置し、行政サービスのデジタル化などを活用したデジタル関連政策に取り組んでいます。その取り組みの一環として、クラウドサインによる契約業務プロセスの運用と効率化の検証を行い、クラウドサインではその実用化に向けた支援を行なってまいります。

クラウドサインについて https://www.cloudsign.jp/
クラウドサインは、「紙と印鑑」を「クラウド」に置き換え、契約作業をパソコンだけで完結できるWeb完結型クラウド契約サービスです。全てがクラウド上で完結するため、契約締結のスピード化とコスト削減を実現します。電子契約機能は、「いつ・誰が・どの契約に合意したか」を証明する厳格な電子署名とタイムスタンプを付与します。リモートワークの環境下においても契約書の証拠力を担保しながら、事業活動に重要となる円滑な契約業務を可能にします。2015年の提供開始以来、企業や自治体などで幅広く導入されている、電子契約市場No.1 ※の電子契約サービスです。
※ 株式会社富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場2021年版」(電子契約ツール2020年度実績)市場占有率

電子契約の国内標準
クラウドサイン

日本の法律に特化した弁護士監修の電子契約サービスです。
さまざまな外部サービスと連携でき、取引先も使いやすく、多くの企業や自治体に活用されています。