お知らせNEWS

締結済み書類の情報を自動で登録する新機能(AI契約書管理機能)をリリースします

いつもクラウドサインをご利用いただきありがとうございます。
8月3日にクラウドサインにおける新たな書類管理機能として「AI契約書管理機能」をリリースいたします。

■機能概要
AIによって書類情報を自動で解析・入力し、効率的に契約書を管理することができる機能です。

■対象となるプラン
すべての有料プラン

■リリース予定日
2022年8月3日(水)
※予告なく当該日より変更となる可能性があります。

■利用開始方法
2022年8月3日以降にクラウドサインをご利用の場合、原則として利用開始日から機能をご利用いただけます。
2022年8月2日以前よりクラウドサインをご利用されている場合、チーム設定または組織設定画面より利用開始手続きを行ってください(お手続きはチーム管理者または組織管理者のみ可能です)。

■機能詳細
合意締結完了後、締結済み書類のPDFファイルをAIが読み取り、書類情報を自動的に入力します。

【解析対象となる書類】
クラウドサインで締結した契約書(受信した書類も含む)
【解析対象となる類型】
業務委託・請負契約書
※対象の類型は今後順次追加予定です
【自動入力される書類情報】
契約締結日、契約開始日、契約終了日、自動更新の有無
解約通知期限、取引金額、契約相手の名称

利用開始方法など機能に関する詳細はこちらをご覧ください


クラウドサインは今後もお客様の声を真摯に受け止め、より安心・快適にご利用いただけるようサービスの向上に努めてまいります。

電子契約の国内標準
クラウドサイン

日本の法律に特化した弁護士監修の電子契約サービスです。
さまざまな外部サービスと連携でき、取引先も使いやすく、多くの企業や自治体に活用されています。