お知らせNEWS

IdP連携機能(JITプロビジョニング)の提供を開始します

 複数部署管理機能を利用しているお客さまは、ご希望に応じて、IdP連携機能(JITプロビジョニング)が利用可能となります。同機能を利用することで、SSOでクラウドサインにアクセスするタイミングで、クラウドサインのアカウントがない場合、IdPから連携された情報に基づきアカウントを作成します。

※本機能は「複数部署管理機能」を搭載したプランへのお申し込みでご利用いただけます

■ ご利用の前提条件

  • ご利用にあたっては、複数部署管理機能に加えて、事前にクラウドサインのSSO機能を設定していただくこととなります
  • お客様がご利用されているIDプロバイダーがSAML2.0に対応している必要があります

新機能に関するお問い合わせはこちらから
https://cs.cloudsign.jp/contact_newfunction

IdP連携機能の詳細はこちらをご覧ください

電子契約の国内標準
クラウドサイン

日本の法律に特化した弁護士監修の電子契約サービスです。
さまざまな外部サービスと連携でき、取引先も使いやすく、多くの企業や自治体に活用されています。