外部サービス連携SERVICES COOPERATION

ESいい物件One×クラウドサインで不動産取引業務の一元化を実現

「ESいい物件One」とは、不動産事業者のあらゆる業務を一元管理できるSaaSクラウド型の業務システムです。「ESいい物件One」とクラウドサインとのAPI連携により、不動産事業者は、基幹システムからワンクリックで電子契約を送信でき、賃貸借契約に必要な業務の大幅な効率化とペーパーレス化を実現できるようになります。

one_bukken_ロゴ画像
株式会社いい生活

連携ソリューションで実現できること

■不動産事業者にとってのメリット
・ 業務効率化
紙での契約の場合、契約書を印刷して製本、押印、郵送し、返送されたものを保管する必要があります。電子契約の場合、これらの作業をパソコンで完結させられるだけでなく、保管場所に悩む必要もないため、大幅な業務効率化が図れます。

・ テレワークの推進
契約書の印刷や郵送作業のためだけに出社する必要がなくなり、従業員は場所を選ばずにどこからでも高いセキュリティの下で契約締結業務を行えるようになります。

■消費者にとってのメリット
・ スピーディーな契約手続き
契約のためにわざわざ店舗に来店する必要がなくなり、入居申込から契約締結まで短時間で完了できるようになります。

・ 契約書類の管理のしやすさ
データ化された契約書類は紛失リスクが低いだけでなく、保管スペースを要しません。

こんな事にお困りの方におすすめです

  • 契約書の作成、送付業務を効率化したい不動産会社様
  • 複数の業務システムをまとめて、情報の一元管理をしたい不動産会社様
  • 基幹システムと連携した電子契約サービスをお探しの不動産会社様

利用イメージ

簡単3ステップで、基幹システムから電子契約を送信可能!

ステップ1:ESいい物件Oneで作成した賃貸借契約等の情報を自動でPDF化
ステップ2:署名対象者を登録した関係者から選択するだけ
ステップ3:送信ボタンを押せば、管理画面に連携し、署名対象者に電子契約が到着

サービス詳細

ESいい物件Oneについて(https://www.es-service.net/

「全ての人の生活に関わる"不動産市場"を、テクノロジーでより良いものへ。」このミッションのもと、不動産事業者向けに不動産ビジネスに不可欠な物件情報、顧客情報、契約情報を一元管理し、生産性を向上させる統合型業務支援システムをクラウド・SaaSとして提供しています。多くの情報を取り扱う不動産管理や不動産仲介をスムーズに進めるための機能を搭載、直観的で使いやすいユーザーインターフェイスで、不動産業のDXを実現するサービスです。

ご利用にあたって

「ESいい物件One」とクラウドサインの連携サービスをご利用いただくには、「ESいい物件One賃貸」の基本サービスと『クラウドサイン連携』のお申込み、およびクラウドサインのお申込みが必要です。
すでに両社のサービスをご利用中のお客様は、「ESいい物件One 賃貸」の『クラウドサイン連携』を追加でお申込みいただくことにより、連携サービスをご利用いただけます。

料金体系

■ESいい物件One 基本サービス 利用料金
初期費用:220,000円
月額費用:22,000円~

■ESいい物件One『クラウドサイン連携』利用料金
初期費用:55,000円
月額費用:11,000円

■クラウドサイン 利用料金
月額費用:30,800円〜
クラウドサインのAPI利用可能なプランのご契約とAPI利用のお申し込み

ご利用中のサポートに関するお問い合わせ

サポートセンター:0120-515-815
受付時間 10:00~18:00(土・日・祝 対応)

本サービス連携について問い合わせる

電子契約の国内標準
クラウドサイン

日本の法律に特化した弁護士監修の電子契約サービスです。
さまざまな外部サービスと連携でき、取引先も使いやすく、多くの企業や自治体に活用されています。