お知らせNEWS

複数部署管理機能の提供を開始します

複数の部署での利用を想定するお客様向けの書類管理機能です。部署やプロジェクトなど任意の単位でユーザーを「メンバーグループ」としてグルーピングするとともに、同じく書類を取り扱う部署や書類の種別など任意の単位で「キャビネット」としてグルーピングする機能です。メンバーグループとキャビネットを紐づけることで、ユーザーの所属や書類の種別に応じた適切なアクセスコントロールを実現します。

※ 本機能は「複数部署管理機能」を搭載したプランへのお申し込みでご利用いただけます。
※既にご契約中のお客様について、1チームのみ複数部署管理機能をご利用される場合は、7月より順次ご案内を開始いたします。

■ グループ管理機能(メンバーグループ機能)
 グループ管理機能(メンバーグループ機能)とは、メンバー(クラウドサインのアカウント)をグルーピングする機能です。関連会社・支社・部署・チーム・個人・プロジェクトなど様々な単位で柔軟にメンバーグループを作成できます。

■ 書類閲覧管理機能(キャビネット機能)
 書類閲覧管理機能(キャビネット機能)とは、クラウドサイン上の書類をグルーピングする機能です。取り扱う書類の部署や書類の種別、取引先など様々な単位で柔軟にキャビネットを作成できます。

■ アクセス許可機能
 作成したメンバーグループとキャビネットを紐づけることで、関連会社・支社・部署・チーム・個人など様々な単位で書類へのアクセスコントロールが行えます。

具体例(下図):
法務部のキャビネットにアクセスできるのは、アクセス許可されたメンバーグループ(法務部)に所属している人のみです。(社員A)
アクセス許可されているメンバーグループに所属している人でないと、キャビネットにアクセスすることはできません。(社員B)

新機能に関するお問い合わせはこちらから
https://cs.cloudsign.jp/contact_newfunction

複数部署管理機能の詳細はこちらもご覧ください

電子契約の国内標準
クラウドサイン

日本の法律に特化した弁護士監修の電子契約サービスです。
さまざまな外部サービスと連携でき、取引先も使いやすく、多くの企業や自治体に活用されています。