お知らせNEWS

2021年9月クラウドサイン機能アップデートのご案内

平素は、クラウドサインをご利用いただき、誠にありがとうございます。本日は、2021年9月に行われたクラウドサインのアップデートについてお知らせいたします。

■新たに追加された機能

9/7 複数部署管理機能*をご利用されているお客様向けの書類検索機能
複数部署管理機能を利用されているお客様も書類検索機能がご利用いただけるようになりました。書類のタイトルや契約締結日などの日付、取引金額、取引先など各種項目でクラウドサイン上の書類を検索できます。
対象プラン:「複数部署管理機能」を搭載したプラン
詳細はこちら

9/17 複数部署管理機能*をご利用されているお客様向けの監査ログ機能
複数部署管理機能を利用されているお客様も監査ログ機能がご利用いただけるようになりました。監査ログをご利用いただくことで、サービスが問題なく利用されていることを客観的に確認可能です。
対象プラン:「複数部署管理機能」を搭載したプラン
詳細はこちら

※複数部署管理機能とは…
複数の部署でのクラウドサインの利用に適した機能で、キャビネットやメンバーグループといった単位で柔軟な閲覧制限ができます。詳細はこちらをご覧ください。

9/29 締結完了メールのリマインド機能追加
受信者がクラウドサイン未登録者の方の場合、契約締結の10日後にオンラインでの書面確認ページのURLが有効期限切れとなります。有効期限切れになる前(契約締結の5日後)にリマインドメールを送信されるようになります。
対象プラン:すべてのプラン
詳細はこちら



■新たに連携をスタートしたサービス

クラウドサインでは、既に90を超えるサービスと連携しています。2021年9月より新たに連携を開始したサービスをご紹介します。

サービス名カテゴリー
X-point Cloudワークフロー
Google Driveクラウドストレージ
kickflowワークフロー
Lansmart副業・フリーランス管理クラウド

既に連携しているサービスの詳細はこちらから >

今後もクラウドサインは、サービスの機能拡充や導入・運用サポート、クラウドサインの適法性の確認などを通して、利用者の皆様が安心してお使いいただけるサービスを提供してまいります。さらに、電子契約およびクラウドサインの普及に努め、官民の契約業務プロセスにおけるDXを支援してまいります。

電子契約の国内標準
クラウドサイン

日本の法律に特化した弁護士監修の電子契約サービスです。
さまざまな外部サービスと連携でき、取引先も使いやすく、多くの企業や自治体に活用されています。