外部サービス連携SERVICES COOPERATION

契約書管理ソリューションBUNTANとクラウドサインを連携/電子から紙原本まで一元管理

煩雑な契約書管理業務を丸投げしませんか?

SRIの契約書管理ソリューションは、
契約書管理システム「BUNTAN」の提供のみならず、原本の保管から廃棄に至るライフサイクル管理や、煩雑な事務作業(台帳データベース化、PDF化)も継続的にサポートいたします。

SRIは、お客様の「契約書管理部門」となり、管理の厳格化と業務の効率化を実現いたします。

buntan_logo
株式会社セキュリティリサイクル研究所(SRI)

連携ソリューションで実現できること

文書管理に特化したシステム「BUNTAN」とクラウドサインが連携することにより、クラウドサインで締結したPDF(合意締結証明書を含む)と書類情報が「BUNTAN」の台帳に自動的に登録されます。
これにより、電子か紙かを問わず契約書情報を集約・統合して管理する事ができます。

こんな事にお困りの方におすすめです

  • 電子契約と紙契約を集約・統合して管理したい
  • 契約書の閲覧問い合わせの対応を軽減したい
  • 契約書情報を全社で適切に共有できる体制を作りたい
  • 紙契約書を電子化するべきか悩んでいる

利用イメージ

●電子契約の場合
クラウドサインで締結された契約書は、PDFと書類情報が定期的にBUNTANに自動登録されていきます。
クラウドサインに書類情報を登録されていない場合は、SRIで契約内容を確認して台帳情報を入力代行し、BUNTANに登録いたします。

●紙契約の場合
紙の契約書原本を文書箱に収納し、BUNTANからご依頼いただくと原本集荷に伺います。
お預かりした原本は、必要に応じて台帳(データベース)化、PDF化を代行した上で、厳重に保管し、廃棄までのライフサイクルを管理します。
また、見たい時に見たい契約書だけを即日PDF化して閲覧できる「オンデマンド電送サービス」を活用すれば、全てを電子化する必要もありません。
電子契約、紙契約ともに、BUNTANの台帳で契約書情報を一元的に管理することが可能です。

サービス詳細

契約書の管理は、電子か紙かにかかわらず、以下の「4つの管理ポイント」を押さえておかなければなりません。

<4つの管理ポイントとは?>

  • 台帳管理:締結された全ての契約書情報が網羅され、原本の所在も把握できること
  • 利用者管理:契約書情報の閲覧などを、必要な利用者に共有でき、不要な利用者には制限できること
  • 期限管理:契約期限を把握でき、文書管理規程に則った保管期限が順守できること
  • 履歴管理:どの利用者が何をしたかが記録され追跡できること

とはいえ、その為に業務負担が増加しては本末転倒です。

SRIの契約書管理ソリューションは、「4つの管理ポイント」を押さえたシステムBUNTANと、紙原本の保管から廃棄までを管理するセキュリティセンター、秘密分散技術を用いた電子データ管理、それらを効果的に活用する為の運用設計と事務作業代行といった人的なサポート体制で、厳格性と効率性を両立できるお客様ごとの“最適な管理”を実現します。

さらに、クラウドサインなどの電子契約システムと連携することにより、電子契約と紙契約のより効率的な統合管理を可能にします。

ご利用にあたって

以下2つのご契約が必要です。

  • BUNTANのご契約
  • クラウドサインの有料プランのご契約とAPIオプション(無料)のお申し込み

料金体系

BUNTANの料金
初期設定費用
月額基本利用料/データ管理料/原本保管料等
※ID課金ではございません。
※クラウドサインとの連携は有料です。その他オプション作業など詳細の費用についてはお問い合わせください。
※クラウドサインの利用料金は別途発生いたします

ご利用中のサポートに関するお問い合わせ

SRI契約書管理ソリューションお問い合わせ窓口
https://www.sri-net.co.jp/contract

本サービス連携について問い合わせる

電子契約の国内標準
クラウドサイン

日本の法律に特化した弁護士監修の電子契約サービスです。
さまざまな外部サービスと連携でき、取引先も使いやすく、多くの企業や自治体に活用されています。