外部サービス連携SERVICES COOPERATION

eValue V・クラウドサイン連携で契約業務を効率化

企業の情報統合基盤「eValue V」は、クラウドサインとのAPI連携により、契約業務を効率化。ドキュメント管理に登録された署名依頼先情報と契約書式のクラウドサインへのアップロード・署名依頼、署名済み契約書のダウンロード・保管が自動的に行われます。さらにワークフローを組み合わせることで、契約書式の社内稟議から、外部との契約締結、契約書の保管まで、一連のプロセスをすべてデジタル化することが可能です。

eValueV_logo
株式会社OSK

連携ソリューションで実現できること

  • eValue V連携機能を使用するドキュメント管理フォルダに署名依頼先情報と契約書式を登録すると、自動でクラウドサインに引き渡され、署名依頼が送られます
  • クラウドサイン上で署名完了した契約書は、自動でeValue Vのドキュメント管理に保管されます
  • クラウドサイン連携によりeValue Vに自動保管された契約書は、ドキュメント管理上で訂正削除履歴が記録され、高度な検索機能で検索も行えるため、電子帳簿保存法の電子取引データとしての管理にも適しています
  • eValue Vのワークフロー連携機能を使えば、事前に契約書の内容を社内稟議で回してからクラウドサインで契約締結することも可能です

こんな事にお困りの方におすすめです

  • 押印のために出社しないといけない
  • 出張やテレワークで、契約業務が滞っている
  • 契約書を他部署とも共有したい
  • 契約書含めた社内文書を一元管理したい

利用イメージ

連携イメージ図
  1. eValue V ワークフローで、契約相手の情報と、相手方と合意した契約書式を添付して、社内稟議を回します。
  2. 契約に関する社内稟議が承認されると、契約相手の情報と契約書式がeValue V ドキュメント管理に自動登録されます。
  3. eValue V ドキュメント管理のクラウドサイン監視サービスが、定期的に署名依頼が必要な契約書式の有無をチェックし、必要に応じてクラウドサインにアップロードします。
  4. eValue Vドキュメント管理から受け取った情報を元に、クラウドサインにて自動的に署名依頼を行います。
  5. 契約相手先はクラウドサインのメールを受け取り、同意ボタンをクリックします。
  6. クラウドサイン上で署名が完了すると、クラウドサイン監視サービスがeValue V ドキュメント管理に契約書PDFファイルと合意締結証明書PDFファイルを自動保管します。

サービス詳細

eValue V ドキュメント管理は、社内規程、契約書、図面、伝票など、企業内の様々な文書の電子化・一元管理を実現します。必要な書類を探す手間を削減し、社内情報資産の有効活用を促進します。

特長

  • 階層構造のフォルダで管理するので、ドキュメントの種類や部門・プロジェクトごとに分類して管理することができます
  • 版管理で常に最新版を表示し、旧版参照によるトラブルを防止します
  • フォルダごとに印刷・コピー・持ち出し禁止などのセキュリティをかけられるので、機密度に応じた管理が可能です
  • ワークフロー連携による社内稟議文書の自動保管、クラウドサイン連携による外部と締結した契約書の自動保管が可能です
  • タイムスタンプオプションの追加により、クラウドサイン連携で自動保管した契約書をはじめ、電子帳簿保存法に即した文書の電子保存を実現します

ご利用にあたって

以下のご契約が必要です。

  • eValue V ドキュメント管理のご契約
  • eValue V タイムスタンプオプションのご契約
  • eValue V ドキュメント管理連携テンプレート with クラウドサインのご契約
  • クラウドサインの有料プランのご契約とAPIオプション(無料)のお申し込み

料金体系

料金体系については、お問合せください。
https://www.kk-osk.co.jp/ssl/cf_question/index.html

※クラウドサインの利用料金は別途発生いたします

本サービス連携について問い合わせる

電子契約の国内標準
クラウドサイン

日本の法律に特化した弁護士監修の電子契約サービスです。
さまざまな外部サービスと連携でき、取引先も使いやすく、多くの企業や自治体に活用されています。