外部サービス連携SERVICES COOPERATION

ExticでクラウドサインのFIDO2パスワードレス利用を実現

Exticは、国内シェアNo.1(※1)であるLDAP Managerの兄弟製品で、そのノウハウを詰め込んだ純国産IDaaSです。クラウドサインをはじめとする、M365やGoogle WorkspaceなどとのSSOを実現し、さらにオンプレミスのシステムもID連携・統合管理することができます。

※1. 出典:デロイトトーマツ ミック経済研究所発刊 個人認証・アクセス管理型セキュリティソリューション市場の現状と将来展望 2022年版

extic_ロゴ画像
エクスジェン・ネットワークス株式会社

連携ソリューションで実現できること

イメージ図
  • クラウドサインとのシングルサインオン
  • FIDO2 パスワードレス認証機能を使った生体認証による認証強化
  • 強度の なりすまし防止機能によって、クラウドサインの不正操作を防げます

こんな事にお困りの方におすすめです

  • 利用者がID、パスワードを複数覚えられないので増やしたくない
  • 決裁者になる社長や役員に対しては、認証強度を上げたいけど運用に課題がある
  • テレワーク環境では特にセキュアにクラウドサインを利用させたい

利用イメージ

  • Exticにログインすると、ポータルページ上のクラウドサインのリンクアイコンが表示され、クリックしてID・パスワード入力なしでクラウドサインにログインします。
  • クラウドサインへブックマークからログインしようとすると、Exticの認証画面に自動的に遷移して、ID・パスワードを入力するとクラウドサインのログイン後のトップページに遷移します。
  • FIDO2 パスワードレス機能を併用すると、Exticのログイン時にWindows Helloを使った顔認証で
    クラウドサインへログインします。

サービス詳細

Exticは、兄弟製品であるLDAP Managerのノウハウを詰め込んだ純国産IDaaSです。クラウドサービスへのSSOだけでなく、 クラウドとオンプレミス双方へIDを連携・管理できます。

■特長

  1. SAML2.0ベースのSSO:Microsoft365、GoogleWarkspace、cybozu.comなど主要なSaaSをはじめとするSAML対応サービスとのシングルサインオンが可能です。
  2. ID連携機能:M365、GoogleWS、cybozu.com、AdobeCC、box、Dropboxに対しては、ユーザとグループの同期が可能です。
  3. オンプレミスシステム連携:オンプレミスのシステムとの連携用の専用エージェントにより、ActiveDirectoryやスクラッチシステムともユーザ・グループの同期が可能です。
  4. 学認 認定IdP:Exticは学認(学術認証フェデレーション)と認証連携することが可能な実績のあるIdPとして認定を受けています。

ご利用にあたって

以下2つのご契約が必要です。
・ Exticのご契約
・ クラウドサインのWeb APIが利用できるプランのお申し込み

料金体系

・ Extic 通常プラン Standardコース:月額 300円/ユーザー
・ Extic アカデミックプラン Standardコース:月額 150円/ユーザー
詳細はこちら:https://www.exgen.co.jp/extic/price.html

※クラウドサインの利用料金は別途発生いたします

ご利用中のサポートに関するお問い合わせ

ご契約時に配布された「Exticサポート連絡先のお知らせ」に記載の窓口へお問い合わせください。

本サービス連携について問い合わせる

電子契約の国内標準
クラウドサイン

日本の法律に特化した弁護士監修の電子契約サービスです。
さまざまな外部サービスと連携でき、取引先も使いやすく、多くの企業や自治体に活用されています。