外部サービス連携SERVICES COOPERATION

大企業向け契約データベースMNTSQ for Enterpriseとクラウドサイン連携で実現できること

「MNTSQ for Enterprise」は大企業向けに契約の審査から管理までをDXするサービスです。クラウドサインと連携すれば、締結した契約書を手作業でアップロードせずとも、自動でMNTSQ for Enterpriseに取り込むことができます。また機械学習技術を活用することで、自動的に契約データの分類やメタデータの付与を実施し、電子帳簿保存法への対応や台帳管理を半自動的に行うこともできます。

MNTSQ_ロゴ画像
MNTSQ株式会社

連携ソリューションで実現できること

  • 電子契約締結後、自動的に「MNTSQ for Enterprise」に格納されるので、契約書最終版データの一元管理を実現
  • 機械学習アルゴリズムを活用することで、検索性の高いデータベースを構築
  • 大企業の一連の契約検討業務のうち、特に過去の類似案件の契約書を精度高くスピーディーに探すことが可能
  • 四大法律事務所の一つである長島・大野・常松法律事務所が監修する契約業務のベスト・プラクティス(契約雛型、条項やその解説)も閲覧することができるため、若手の育成を含めて部内全体の業務品質の向上にも貢献

こんな事にお困りの方におすすめです

  • 自社の契約管理システムの検索精度とスピードを向上したい
  • 既存の業務フローに合ったサービスを導入したい
  • 社内の契約業務に関するナレッジマネジメントをしたい

利用イメージ

MNTSQを活用することにより、契約業務が以下のように変わります。

  • 事業部メンバーが、契約ドラフトを自動作成
  • 事業部メンバーが、法務部メンバーにチャット形式で法務相談し、審査ステータスも「見える化」
  • 法務部メンバーが、過去のナレッジを活用しながら迅速に審査対応
  • クラウドサインでの締結後のデータが自動格納され、電子帳簿保存法にも半自動的に準拠

サービス詳細

大企業の契約業務を一気通貫でDX(デジタルトランスフォーメーション)するサービスです。

社内にある契約関連データを「MNTSQ for Enterprise」に移管すると、契約の相手方、契約締結日、有効期限や取引金額など、契約管理や電子帳簿保存法の対応に必要な情報を、契約書に特化したOCRでデータ化し、機械学習を活用して抽出することができます。

さらに、契約の内容を契約当事者や契約の類型ごとに自動的に分類・条項レベルで分析をすることで、契約業務に有用なナレッジを自動的に蓄積していくことが可能です。

また、四大法律事務所の一つである長島・大野・常松法律事務所が監修する契約業務のベスト・プラクティス(契約雛型、条項やその解説)も「MNTSQ for Enterprise」上で閲覧できるため、若手の育成を含めて部内全体の業務品質の向上にも貢献します。 現在、コマツやENEOSにサービス提供をしています。

活用事例)コマツが年間3,000件の契約書作成をAIで支援、生産性1.7倍の活用術
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00001/05436/

ご利用にあたって

以下2つのご契約が必要です。

  • 「MNTSQ for Enterprise」のご契約
  • クラウドサインの有料プランのご契約とAPIオプション(無料)のお申し込み

料金体系

MNTSQ株式会社までお問い合わせください

※クラウドサイン連携機能は有料で提供しています
※クラウドサインの利用料金は別途発生いたします

ご利用中のサポートに関するお問い合わせ

sales@mntsq.com(Salesチーム窓口)

本サービス連携について問い合わせる

電子契約の国内標準
クラウドサイン

日本の法律に特化した弁護士監修の電子契約サービスです。
さまざまな外部サービスと連携でき、取引先も使いやすく、多くの企業や自治体に活用されています。