外部サービス連携SERVICES COOPERATION

X-pointで承認された契約書をそのままクラウドサインで締結、自動連携を実現

クラウドサイン・X-point連携サービスは、クラウドサインとのAPI連携により、ワークフローソフト「X-point」と自動連携させるサービスです。社内のワークフローで決裁された署名依頼先情報と契約書式のクラウドサインへのアップロード・自動署名・署名依頼が自動的に行われます。これにより、契約書式のリーガルチェック、社内稟議から契約締結まで、一連の契約業務プロセスをデジタル化することが可能です。

Xpoint

連携ソリューションで実現できること

  • ワークフロー申請書に記入した宛先情報・添付した契約書は、決裁完了後に自動的にクラウドサインへ引き渡され、書類の確認依頼が送られます
  • ワークフローの入力データ、添付契約書が自動連携されることで、二重入力が不要となり、転記ミスの抑止が可能です
  • 柔軟な承認ルート設定が可能なX-pointと連携させることで、複雑な承認ルールに対応した契約プロセスのデジタル化が可能です

こんな事にお困りの方におすすめです

  • 社内外の押印契約業務のための出社を減らしたい
  • クラウドサインと社内ワークフローを連携し、稟議漏れや契約締結漏れをなくしたい
  • 社内決裁とクラウドサインの二重入力、転記ミスを減らしたい

利用イメージ

【X-point】社内申請書にクラウドサインの宛先情報と契約書(PDFファイル)を添付して申請
【クラウドサイン】社内申請承認後、入力された宛先情報と添付された契約書を自動送信
【クラウドサイン】相手先が同意し、締結完了したらクラウドサインにて通知メールを自動送信
【X-point】通知受信後、ワークフロー申請者は締結済書類のダウンロードが可能

サービス詳細

クラウドサイン・X-point連携サービスは、クラウドサインとワークフロー「X-point」とを自動連携させるソフトクリエイトが開発した独自サービスです。

特徴:

  • ワークフローと連携してクラウドサインを利用することで、社内の複雑な承認プロセスも柔軟に対応し、リーガルチェックから契約締結までの業務を一気通貫でデジタル化します
  • 決裁者は一度の承認でワークフローとクラウドサイン両方の処理を行うことができ、手間を減らすことができます

ご利用にあたって

以下3つのご契約が必要です。

  • X-pointのご契約
  • X-point 承認完了書類外部出力オプションのご契約
  • クラウドサインのAPI利用可能なプランのご契約とAPI利用のお申し込み

料金体系

クラウドサイン・X-point連携サービス:
 初期費用:15万円
 月額2万円
 https://www.softcreate.co.jp/ecs/cloudsign-workflow
 ※X-point、クラウドサインの利用料金はそれぞれ別途発生いたします

ご利用中のサポートに関するお問い合わせ

sc-contact@softcreate.co.jp

本サービス連携について問い合わせる

電子契約の国内標準
クラウドサイン

日本の法律に特化した弁護士監修の電子契約サービスです。
さまざまな外部サービスと連携でき、取引先も使いやすく、多くの企業や自治体に活用されています。