お知らせNEWS

クラウドサインで今後予定しているアップデート

平素は、クラウドサインをご利用いただき、誠にありがとうございます。今後予定されているクラウドサインのアップデートについてお知らせいたします。

■Webhookの発信元IPアドレス追加

変更適用時期:2021年11月15日(月)6:00
対象:Webhook機能をご利用中のお客様
本アップデートにより本番環境の発信元IPアドレスが新たに1つ追加されます。お手数をおかけいたしますが、Webhook機能をご利用されているお客様は、新しいIPアドレス範囲からの接続を許可いただく等、必要に応じてご対応いただくようお願い申し上げます。

追加前
52.68.17.229/32 または 52.198.144.82/32

追加後
52.68.17.229/32 、 52.198.144.82/32 または 3.112.114.42

Webhook機能に関する詳細はこちら

■Web APIのステータス追加

変更適用時期:2022年1月予定 ※日時確定後あらためてご案内いたします
対象:Web APIをご利用中のお客様
クラウドサインのWeb APIでは、送信や合意を行う関係者を参加者(participant)と呼びます。今回のアップデートで、署名処理の安定性の向上を目的として、参加者のステータスに「署名中」という状態が追加されます。
Web APIのご利用ガイドはこちら

上記アップデートに関しましてご不明な点等ございましたら、クラウドサインのログイン後画面右下のチャットよりお問い合わせください。

お客様にはお手数をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。
今後ともクラウドサインをご愛顧くださいますよう、よろしくお願いいたします。

電子契約の国内標準
クラウドサイン

日本の法律に特化した弁護士監修の電子契約サービスです。
さまざまな外部サービスと連携でき、取引先も使いやすく、多くの企業や自治体に活用されています。