外部サービス連携SERVICES COOPERATION

グループウェアの一歩先をゆくクラウドサービス「mitoco」とクラウドサインでできること

グループウェアの一歩先をゆく、新しいコミュニケーションプラットフォーム。それがmitocoです。
mitocoは、社内のコミュニケーションやさまざまな情報を、お客様を中心に集約します。全社員のお客様接点を俯瞰して把握し、次の打ち手を考えることで、売上向上へとつなげるクラウドサービスです。全社への周知連絡や社内の声、社内申請、資料やスケジュールの共有のほか、お客様に関するたくさんのやりとりも、mitocoにまとめられます。

mitoco_ロゴ画像
株式会社テラスカイ

連携ソリューションで実現できること

mitocoワークフローとクラウドサインを連携することで、契約書作成のための社内の申請・承認作業をすべて電子化できます。
日本の商習慣に合わせ、合議制や多数決など複雑な承認プロセスにも柔軟に対応できるのがmitocoワークフローの特長です。契約業務のための社内承認ワークフロー申請、送付先のお客様情報の管理、送付した契約書の進捗管理はmitoco、実際の契約行為はクラウドサインと、契約に関する一連の業務をすべてオンラインで完結することができます。

こんな事にお困りの方におすすめです

  • 契約書の作成から送付まで一括で管理したい
  • 契約書の作成から送付まですべて電子化してペーパーレス化を促進したい
  • 契約締結に関する一連の業務を集約して効率化したい

利用イメージ

  1. mitocoワークフローで契約締結のための社内の申請手続きを行う。

2.申請内容を上長が確認して承認作業を行う。

3. 稟議承認をうけて、mitoco上の情報を使ってクラウドサインで送信する。

サービス詳細

mitocoには、業務をスムーズに進められる3つの特長があります。

【特長1】顧客を中心に、必要なデータが探しやすい
mitocoは顧客情報も管理できるコミュニケーションツール。顧客を中心に、全社員がさまざまな情報を共有できます。例えば、提案資料や過去の訪問履歴などの従業員と顧客のやりとりが、ひと目でわかります。

【特長2】ペーパーレス化を促進できる
いつでも、どんなデバイスからでもアクセスできるのがmitocoの良いところ。申請・承認業務も電子化できるので、ハンコを押すために出社する必要がなくなります。ExcelやWordなどの既存の申請書ファイルがあっても問題ありません。

【特長3】他のクラウドサービスとつながる
mitocoを他のサービスへ連携することで、業務効率がさらに上がります。クラウドサインと連携すれば、mitocoで管理している顧客情報に対して契約書を送信して進捗を管理する、といったさらに進んだ活用ができます。

活用事例

1週間かかっていた申請が翌日に完了。複雑な独自の承認フローにもmitocoで対応
https://www.mitoco.net/case/mufg

グループウェアmitocoがテレワーク下でも情報共有に力を発揮。稟議の電子化も進め、事業をさらに加速させる
https://www.mitoco.net/case/t-top

ご利用にあたって

以下2つのご契約が必要です。

  • mitocoのご契約
  • クラウドサイン Salesforce版のご契約

料金体系

mitocoの利用料金

  • 〜300ユーザー:1ユーザー 800円/月 ※税抜価格
  • 301〜1,000ユーザー:1ユーザー 700円/月 ※税抜価格
  • 1,001ユーザー以上:お問い合わせください

詳細はこちら:https://www.mitoco.net/price

※クラウドサイン Salesforce版の利用料金は別途発生いたします

ご利用中のサポートに関するお問い合わせ

https://terrasky.secure.force.com/ProductSupport (メールサポート)

本サービス連携について問い合わせる

電子契約の国内標準
クラウドサイン

日本の法律に特化した弁護士監修の電子契約サービスです。
さまざまな外部サービスと連携でき、取引先も使いやすく、多くの企業や自治体に活用されています。