慶應義塾大学SFCリーガルデザイン・ラボ ORF2017セッションレポート

投稿日:

慶應義塾大学SFC研究所のラボラトリの1つとして2016年10月に発足した「リーガルデザイン・ラボ」が、ついに本格始動。11月22日(水)に開催されたSFC Open Research Forum 2017のセッションを取材しました。

リーガルデザイン・ラボは、新保史生教授や水野祐弁護士だけでなく、SFCの田中浩也教授や水野大二郎准教授、渡辺智暁特任准教授、川本大功特任助教といったデザインやテクノロジー、政策の専門家を中心メンバーとして、AI・ロボット、3Dプリンター、デジタルファブリケーション、ブロックチェーン/スマートコントラクト、プライバシー、宇宙といった、先端領域の法制度を含む社会制度やHuman Law Interaction(人と法の相互作用)のブループリントを描き、その整備・実装のプロトコル・方法論を開発することを目指して設立された研究組織です。

ここで言う「リーガルデザイン」の意味については、水野祐弁護士の著書で詳しく述べられています。以下その一節より。

このような情報化社会において、法律や契約を私たち私人の側から主体的にデザイン(設計)するという視点が重要になる。「リーガルデザイン(法のデザイン)」とは、法の機能を単に規制として捉えるのではなく、物事や社会を促進・ドライブしていくための「潤滑油」のようなものとして捉える考え方である。

水野祐『法のデザイン』P47(フィルムアート社、2017)


今回のセッションでは、上記のようなリーガルデザインの考え方だけにとどまらない、リーガルデザイン・ラボの研究領域とラボの設立経緯、1年間の活動等について水野祐弁護士から発表があった後、ラボのメンバーであり、環境情報学部4年生である須佐和希さんからリーガルデザイン・ラボの研究領域の1つである「リーガル・コミュニケーション」の研究の実例として「パーソナルデータ利活用に向けた法のインタフェースデザイン」についての研究発表、続いてラボのメンバーでもある日本のインターネットの父 村井純教授が加わってのパネルディスカッション、最後にQ&A、という流れで進められました。

パネルディスカッションでは途中オフレコもあり、書き起こしは控えますが、

について、各メンバーからの意見と決意の表明がありました。なお、須佐さんによる法のインタフェースに関する発表は、別途記事で詳しくご紹介します。

また、2018年1月29日の夜に、デジタルハリウッド大学駿河台キャンパスにて、一般の方も自由に参加できるオープンラボが開かれることも発表されました。こちらの詳細はラボのWebサイト(http://legal-design.sfc.keio.ac.jp/)で随時公開されるとのこと。

本メディアでも、このリーガルデザイン・ラボの活動を微力ながら支援すべく、継続的にレポートをさせていただく予定です。

(橋詰)