契約書の製本(袋とじ)の方法と契印のルール

投稿日: 最終更新日:

契約書が複数枚になる場合には、ページ差し替えなどの改ざんがされていないことを証明するため、契印を押します。さらに、契印の数を減らす方法として、製本(袋とじ)を行うのが一般的です。製本の方法や契印の押し方について確認しましょう。

契印とは

契約書の改ざんを防止するために、契約書の当事者押印欄で記名押印に用いた印鑑を用いて施す措置を、「契印」といいます。

2枚以上の複数枚にわたる契約書を作成する場合、ページの差し替えを防止するために、袋とじを施して契約当事者がそれぞれ契印を押印します。

袋とじを施し、契約に用いた印鑑で契約書当事者がそれぞれ契印を押印

上図のような袋とじを行わない場合には、ステープラーで契約書の左辺を綴じた後、契約書の見開き部分内側をまたがるように契印を施します。

袋とじを行わない場合、見開き部分内側をまたがるように契印

この方法は公正証書作成時などに用いられますが、契約書が3枚以上となる場合などにそのすべてのページについて押印作業が発生するため、通常の契約実務では袋とじによる契印が行われます。

(1)契印のルーツと根拠法令

契印のルーツをたどると、明治8年に公布された 太政官達(たっし)第77号 に辿りつきます。金銭貸借証書など、証拠として後日必要となり得る文書を作成する際は、後で紛争の原因とならないよう、数字は「二十」ではなく「弐拾」と表記し、綴り目には印を押印するように、といったことが記載されています。

明治8年太政官達第77号

この法令が契印のルーツであると考えられていますが、では、現時点で契印を義務付ける法令はあるのでしょうか?

現行で生きている法令で「契印」の語を検索すると、民法施行法 (明治三十一年法律第十一号)という古い法令の第6条に、以下条文があります。

第六条 私署証書ニ確定日附ヲ附スルコトヲ登記所又ハ公証人役場ニ請求スル者アルトキハ登記官又ハ公証人ハ確定日附簿ニ署名者ノ氏名又ハ其一人ノ氏名ニ外何名ト附記シタルモノ及ヒ件名ヲ記載シ其証書ニ登簿番号ヲ記入シ帳簿及ヒ証書ニ日附アル印章ヲ押捺シ且其印章ヲ以テ帳簿ト証書トニ割印ヲ為スコトヲ要ス
2 証書カ数紙ヨリ成レル場合ニ於テハ前項ニ掲ケタル印章ヲ以テ毎紙ノ綴目又ハ継目ニ契印ヲ為スコトヲ要ス

「前項ニ掲ケタル印章ヲ以テ毎紙ノ綴目又ハ継目ニ契印ヲ為スコトヲ要ス」と、かなり具体的な押し方まで規定しており、契印の慣習に一定の影響を与えたと考えられます。

さらに、登記のルールを定めた法令である商業登記規則不動産登記規則に、登記の申請書が複数にまたがる場合には契印を押すよう定めた条文があります。以下、そのうちの商業登記規則第35条3項および4項を引用します。

第三十五条 (1,2項略)
3 申請人又はその代表者若しくは代理人は、申請書が二枚以上であるときは、各用紙のつづり目に契印をしなければならない。
4 前項の契印は、申請人又はその代表者若しくは代理人が二人以上であるときは、その一人がすれば足りる。

しかし、これらの法令は、公証人・登記官に対し提出する文書を作成する際のルールであり、私人同士(民間対民間)で契約書を作成し締結する際の義務までを定めたものではありません。

したがって、契印を義務付ける法令はなく、ページ差し替え等による改ざん防止の面で不安を残すことになるものの、契印がなくとも契約は有効に成立するということになります。

契印のルーツについての詳細は、以下をご覧ください。

契約書の綴り目に押印する「契印(けいいん)」のルーツ

(2)契印と割印の違い

なお契印は、「割印」とよく混同されますが、契印と割印は厳密には異なります。

契印は、一つの契約書の枚数が2枚以上にわたる場合、その一部のページが後から差し替えられるのを防ぐために押印されます。一方、割印は2つ以上の契約書を作成する際、これらの契約書の内容が同一であること、または関連性があることを証明するものとなります。

割印は2つ以上の文書・契約書を作成する際の関連性を証するもの

割印の役割についての詳細は、以下をご覧ください。

契約書の割印の役割とルールとは

契約書の製本 (袋とじ)の方法

袋とじの方法には、紙で袋部分を作成する方法と、製本テープを用いる方法の2つがあります。

(1)紙で袋部分を作成し契約書を袋とじして製本する場合

近年は製本テープによる簡易な袋とじが主流になりつつありますが、正統とされる袋とじの方法は、紙を用いて袋部分を作成し契約書を袋とじ製本する方法です。

以下、契約書の袋とじの方法を写真で解説します。

① A4サイズの書類より両側が少しだけはみ出すように帯状に紙を切る

はみ出すように帯状に紙を切る

② 次工程でカットする目印となるよう、書類からはみ出したところをマーキングする

書類からはみ出したところをマーキング

③ (均等にしやすいよう)4等分に折り目を入れ、

4等分に折り目を入れ

④ 4等分の中央2つのうちどちらかだけを残してA4サイズの幅に合わせてカットする

4等分の中央2つのうちどちらかだけを残してA4サイズの幅に合わせてカット

⑤ 契約書の表紙の左端に帯の左端を合わせ、4等分したうちの左端の部分だけノリをつけて貼付(このとき、4等分したうちの紙からはみ出している部分は左から2番目にくるように)する

左端の部分だけノリをつけて貼付

⑥ 貼付した箇所をステープラーで留め(均等幅に2箇所もしくは3箇所)

ステープラーで留め

⑦ その後、ステープラーで留めた部分を包み込むようにノリをつけ裏返す

ノリを付けて包み込むように裏返す

こうして、帯状の紙が契約書の左辺をくるむように袋を構成し、各ページを解体できなくなる、というわけです。

(2)製本テープを使って契約書を袋綴じして製本する場合

これに対し、簡易的な袋とじの方法として、市販の製本テープを利用する方法があります。

一般的な製本テープを用いた場合は、

① 製本テープを用紙の上下幅より長めに切り取り
② 縦に半分折り目をつけ
③ 契約書の左端からはめ込み
④ 契約書の上下それぞれから製本テープが少しはみ出した状態で位置を定め
⑤ 表紙に面した方のテープを紙からはがし貼り合わせ
⑥ ステープラーを覆い隠すように表裏をしっかり接着し
⑦ 紙からはみ出た余分なテープをはさみで切り取る

といった手順となります。

しかし、近年では契印用の製本テープが開発・販売されており、これを用いるほうが位置決めやカット作業の手間も減り、仕上がりもきれいにできます。

袋とじ専用製本テープの例 https://www.kaunet.com/rakuraku/variation/00000410/

契印を押す場所

袋部分と契約書面にまたがるように押印する ことで、袋でカバーされたページすべての抜き差しが事実上不可能になります。

契約当事者全員がそれぞれ、袋部分と契約書面にまたがるように契印を押します。

袋部分と契約書面にまたがるように契印を押印

契印を押す面については、①表面のみ、②裏面のみ、③両面と流派が分かれます。従来は表面に押すのが一般的でしたが、近年は裏面に押すケースをよく見かけるようになりました。

製本テープを用いた場合は、厳密な袋とじをしていないということから、両面に押すのが慣習となっているようです。

電子契約を使うと製本も契印も不要

紙の契約書を作成し製本作業をした経験があれば、想像以上に手間がかかるのをご存知だと思います。

クラウドサインをはじめとする電子署名機能が実装された電子契約では、その手間は不要になります。紙の契約書面に押印せずに有効な契約書が締結できるだけでなく、改ざんを防止できる電子署名を施すことができるためです。

紙を印刷し、製本し、袋とじや契印・割印の押印に失敗して作り直している時間をすべて削減し、生産性を向上することができます。

関連記事

(2019/02/14 橋詰改訂)