契約書の割印の役割とルールとは

投稿日:

割印の役割とは

契約書に押す割印(割り印)には、2つ以上の契約書を作成する際、これらの契約書の内容が同一であること、または関連性があることを証明する役割があります。

貸主と借主、雇用者と被雇用者などの甲乙間で契約を交わす場合、それぞれが1部ずつ保持するために2部の契約書を作成します。賃貸契約などでその債務を保証する保証人(丙、丁)を含んで契約を交わす場合は、関係者がそれぞれ1部ずつ保持するために3部以上の契約書を作成します。

同時に作成したこれらの契約書をずらして重ね、押印することで、割印の効力が認められるようになります。

割印の押し方と場所のルール

割印は複数の契約書にまたがって押印をするため、押し方や場所(位置)に配慮が必要です。

押す場所は、特に決まりがある訳ではありませんが、慣例的には契約書の上部をずらして重ね、全ての契約書に印影がまたがるように押印します。

割印で気をつけたいのが、契約書と契約書の間で段差が生じるため、それぞれにきちんと印影が確認できるように押印すること。捺印マットを使い、重心が偏らないように前後左右にまんべんなく力を加えて押すと、きれいな印影になります。

割印と契印の違い

割印は、袋とじで製本された契約書の綴じ目に押印する契印とよく混同されますが、割印と契印には若干異なる役割があります。

割印が、同時に作成した複数の契約書の同一性、関連性を保証するのに対し、契印は、一つの契約書の枚数が2枚以上に渡る場合、その一部が後から差し替えられるのを防ぐために押印されます。契約書が複数枚に渡る場合は、ホッチキス留めをして製本テープで綴じた後、テープとページにまたがり契印しておくと、より確実に改ざんを防ぐことができます。

割印を押し忘れた場合は

契約書への押印は行ったものの、うっかり割印を忘れてしまった場合はどうなるのでしょうか?

割印を押さなかった契約書の場合も、契約自体は成立しているため、その内容を証明する上での法的な効力は変わりませんが、それらの契約書が同一であること、または関連があることを証明することが難しくなるため、相手が後から契約内容を改ざんした場合、トラブルに発展しかねません。

こうしたリスクを回避するためにも、全ての契約書に割印を押し、契約者全員の手元に同じ条件で作成された契約書を保管しておくことをおすすめします。

割印って必要なのか

割印自体には、法律で定められた義務はないため、たとえ相手が割印を押すのを拒否した場合も、その責任を問うことはできません。

このような場合も、締結した契約内容に対する効力は認められますが、後々の信頼関係を考えると、はじめに双方にとってリスクを最小限に抑えた契約内容を結んでおく方が、気持ちの良い取引ができます。

クラウド契約なら割印は不要で証明の効力も万全

パートナーシップを組む始まりの段階で相手にわだかまりを持たないためにも、関係者全てが割印、契印に漏れがないように協力し合う必要がありますが、そもそもクラウドでの契約のように、電子で契約書を作成、管理すれば、上記した懸念点の全てが解消されます。

クラウド上で確認、押印が完結するクラウドサインなら、一つの契約書を作成した後は、相手方に確認、押印を依頼するメールを送信するだけ。関係者全ての押印が完了した時点で、契約書の同一性も証明され、一部のページの改ざんも不可能なため、割印は不要です。

ビジネスの発展に注力できるような関係性を築くためにも、クラウドでの契約、電子署名は断然おすすめです。

クラウドで契約を結ぶクラウドサインについて、詳しくはこちら