導入事例CASE STUDY

売買契約書

売買契約書とは、売主がある財産権を買主に移転し、買主がこれに対してその代金を支払うことを合意する契約書のことです(民法555条)。売買契約が成立すると、売主は目的物の引渡義務を負い、買主は代金支払義務を負うことになります。

電子契約の国内標準
クラウドサイン

日本の法律に特化した弁護士監修の電子契約サービスです。
さまざまな外部サービスと連携でき、取引先も使いやすく、多くの企業や自治体に活用されています。