導入事例CASE STUDY

不動産業

不動産の売買、交換、貸借、管理またはその代行・仲介を行う不動産業。国土交通省調べでは、ストック総額は法人所有・個人所有・国・地方等の公的セクター所有合わせて約2,562兆円。土地建物の流動化と資産形成を担う不動産業におけるクラウドサイン利用事例を紹介します。

電子契約の国内標準
クラウドサイン

日本の法律に特化した弁護士監修の電子契約サービスです。
さまざまな外部サービスと連携でき、取引先も使いやすく、多くの企業や自治体に活用されています。